近い場所にいる害虫

害虫とよく呼ばれている昆虫は多く、それらは比較的身近に存在しています。人間や家畜、ペット、農作物などに有害な作用をもたらす昆虫を害虫と呼んでいます。害虫と大きく呼ばれていますが害虫にも細かく分けて6種類ほどに分類することができます。人間に対し直接被害を与えることはないですが、姿や形から不快感を与える「不快害虫」と、人間や動物の疾病に関わる蚊やハエ、ゴキブリやハチ、ダニなどの「衛生害虫」が一般的に知られている害虫です。また、家屋や家具などの財産に被害を与える「財産害虫」や、食品全般に対して被害を与える「食品害虫」、農作物を食害する「農業害虫」と貯蔵している穀物を食害する「貯穀害虫」がいます。大きく分類されているだけで、更に細かくすれば膨大な種類になります。これら害虫の中には、人間の生活を助ける益虫という側面を持った昆虫もいるため、視点を変えるだけで害虫にも益虫にもなりうるのです。

害虫は被害の拡大を防ぐため、しっかりと駆除する必要があります。基本的に害虫は繁殖力が高く、早急に駆除しなければ個体数がどんどん増えてしまいます。害虫駆除は自分でも行うことができます。ホームセンターなどで、専用の駆除用の殺虫剤が販売されています。しかし、害虫駆除には注意も必要です。適切な駆除を行わなければ十分な効果を得ることができないのです。また、毒を持っている害虫もいるため、そうした害虫の駆除はかなり危険が伴います。慣れていない人の場合、大怪我に繋がってしまうこともあるのです。大きな巣を形成するススメバチなどは、毎年多くの被害が報告されており、素人が安易に手を出すと被害がもっと深刻になる場合もあります。最近では、それぞれの害虫駆除に特化した専門業者が多くなっています。ネットなどで簡単に探すことができますし、こうした専門業者は安全に素早く害虫駆除を行ってくれるため、非常に有効な手段といえます。

まずは侵入させない

様々な害獣がいますが、コウモリが住宅の屋根裏などに住み着いてしまうというケースが多くみられます。住宅に住みつくコウモリはアブラコウモリという種で、イエコウモリとも呼ばれています。

Read More..

隙間からの侵入者

家にいる場合、大抵の人が戸締まりをしっかり行っていると思っていることが多いですが、家のあちこちには隙間があります。害虫や害獣は、人が気づかないような隙間を狙って侵入してくるのです。

Read More..

プロに任せる

コウモリなどの夜行性の害獣が屋根裏に住み着いてしまった場合、鳴き声や物音でうるさくて眠れないというケースが増えています。こういった場合、専門業者に依頼することで確実に駆除することができます。

Read More..

種類にあった駆除

コウモリなどの夜行性の害獣が住み着いてしまった場合、騒音被害が深刻です。本来なら寝静まる静かな時間帯に、鳴き声などはとても良く響きます。夜行性の害獣によって寝不足になるケースが増えています。

Read More..

注目の記事